はじめての方へ

AGA(男性型脱毛症)は
専門の医療機関で改善する時代です

AGAとは男性型脱毛症のことで、Androgenetic Alopeciaの略称です。一般的には、思春期以降に始まり徐々に進行するとされる脱毛症で、日本人男性の場合には 20 歳代後半から 30 歳代にかけて著明となっていきます。さらに年齢が上がるごとに徐々に進行して 40 歳代以後にほぼ毛の無い状態となります。

AGAの進行パターンは、
主に3つあります。

  • 頭頂部から円形に徐々に毛が抜け落ちていくパターン、
  • 額の生え際からU字状に抜けていくパターン
  • 前頭部から徐々に後退していくパターンです。

AGAの原因には、男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンの一種であるテストステロンは、5αリダクターゼと呼ばれる酵素によって、ジヒドロテストステロン(以下、DHT)と呼ばれる物質に変換されます。
そもそも男性ホルモンは、ひげや胸毛など毛を濃くするものですが、頭頂部や前頭部の毛乳頭細胞は男性ホルモンの感受性が強いため、このDHTが結合しやすくなっています。毛乳頭細胞とDHTが結合すると、毛母細胞の働きが抑制されます。毛母細胞が抑制されると毛が育ちにくくなってしまい、髪の毛の成長期は本来2〜6年であるものが数か月から1年と大幅に短縮されてしまいます。すると髪の毛は十分に成長できず、結果として抜けやすい毛になってしまい、髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

自己判断でなく、
まずは専門医に相談してください。

抜け毛はAGA以外にも、びまん性脱毛症、円形脱毛症など様々な脱毛症によって起こることがあります。そのため、脱毛や薄毛を自己判断でAGAと決めつけるのではなく、まずは専門の病院を受診して、しっかりと検査をしてもらうようにしましょう。

YGMクリニックは、一人ひとりにあった治療をおこないます。カウンセリングは無料です。お気軽ご相談ください。