男性ホルモン注射・AGA・ED・早漏治療|YGメディカルクリニック 男性ホルモン注射・AGA・ED・早漏治療|YGメディカルクリニック

男性ホルモン(テストステロン)とは?効果や仕組み、増やし方を解説

男性ホルモン 男性ホルモン補充療法

働き盛りの男性の皆様、最近筋肉がすっかり落ち、お腹には脂肪のかたまり。

仕事へのやる気が出ず、女性への関心も下降気味という方も多いのでは?

その症状、もしかしたら男性ホルモンの一種テストステロンの低下が原因かもしれません。

この記事ではまず男性ホルモンの一種テストステロンとはなにか、知られざる男性ホルモンの役割、男性ホルモンを増やすための方法について解説します。

全部読むのが面倒という方に!

オーシャンメンズクリニックで、男性ホルモン注射を試してみませんか?

テストステロンを増やすことで、筋肉がついて脂肪が落ち、やる気に満ち溢れた若々しい自分を取り戻すことが可能です!

無料相談も承っておりますので、気になる方はぜひお気軽にご来院ください。

>>男性ホルモン注射の無料相談はこちら

また今ならLINE登録で、すべての治療・施術が10%OFFになります!

>>LINE登録用のURLはこちら

男性ホルモン(テストステロン)とはなにか?

まず一口に男性ホルモンといってもいくつかの種類が存在します。

たとえばテストステロンの他にもアンドロステンジオン、デヒドロエピアンドロステロンなどが存在し、それらを総称して男性ホルモン、あるいはアンドロゲンと呼んでいます。

ただ、これらの数ある男性ホルモンの中でも、テストステロンは全体の約95%を占める代表的なホルモンであり、一般的に男性ホルモンという場合はテストステロンを指すことが多いです。

男性ホルモン(テストステロン)に関する詳細は、以下の記事もあわせてご覧ください。

男性ホルモンの効果

テストステロンを増やすと、男性にとって嬉しい効果がたくさんあります。

ここでは身体的な側面と外面的な側面に分けて解説しましょう。

なお男性ホルモンの効果については、以下の記事でも詳しく取り上げています。

身体的な側面

テストステロンには筋肉量を増やす効果があります。

その効果はスポーツの世界でドーピングとして使用が禁止されているほどです。

若い頃よりも年を重ねてからのほうが筋肉が付きづらいというのも、実はテストステロンが関係しています。

テストステロンを含む男性ホルモンの分泌量は10代から20代までがピークで、30代以降はゆるやかに減少してきます。

このテストステロンの減少により、同じトレーニング内容をおこなっても、若い人のほうが筋肉がつきやすいのです。

また嬉しいことにテストステロンには体脂肪を減少させる働きもあります。

この効果によってさらに身体は若々しく引き締まった見た目になり、さらにはメタボリックシンドロームのような生活習慣病の予防も期待できます。

さらに性欲の増進させ勃起力を高める効果まであるので、ED改善や早漏改善にも力を発揮します。

内面的な側面

テストステロンは、記憶力や認知力の向上、不安を取り除きモチベーションを高めるという効果が知られています。

脳内の記憶に関する海馬ではテストステロンをはじめとする男性ホルモンと密接な関係があります。

その働きが活発であればあるほど、記憶力や認知力が向上し、高齢になったあとも認知症になる割合が少ないという報告もあります。

また同様に、脳内の不安をやわらげて、新しいことや難しいことにも果敢にチャレンジするやる気を司ります。

テストステロンを高めることは単に身体をたくましくするだけではなく、ビジネスなど社会的に成功する上でも、とても重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

テストステロンの効果を試してみたいという方!

オーシャンメンズクリニックで、男性ホルモン注射を試してみませんか?

テストステロンを増やすことで、筋肉がついて脂肪が落ち、やる気に満ち溢れた若々しい自分を取り戻すことが可能です!

無料相談も承っておりますので、気になる方はぜひお気軽にご来院ください。

>>男性ホルモン注射の無料相談はこちら

また今ならLINE登録で、すべての治療・施術が10%OFFになります!

>>LINE登録用のURLはこちら

男性ホルモンの生理的なはたらき

男性ホルモンには上でお伝えした以外にも、人間の身体にとってたくさんの役割があります。

男性ホルモンは二次性徴を司る

二次性徴とは、思春期にあらわれる男女の身体的な特徴のことを指します。

たとえば男性には以下のような変化が起こります。

・陰嚢と精巣が大きくなる

・陰茎が長くなる

・精管と前立腺が大きくなる

・陰毛が生える

・ひげとわき毛が生える

・射精ができるようになる

このように男性が思春期を迎えると、男性ホルモンの分泌が盛んになり、成人男性へと成長していくのです。

男性ホルモンは女性にとっても重要

実は女性も男性の10%程度ではあるものの、テストステロンを分泌していて、閉経後に減少する女性ホルモンの代わりのような役割を果たしています。

女性ホルモンの分泌は閉経後に激減しますが、男性ホルモンの減少はゆるやかなカーブになります。

そのため女性は加齢とともに、男性ホルモンが優位になっていき、減少する女性ホルモンの役割を男性ホルモンが担っていきます。

女性ホルモンが少なくなると、骨粗しょう症や動脈硬化といった更年期障害を引き起こすことがありますが、それを男性ホルモンが防いでくれるというわけです。

LOH症候群

加齢によって男性ホルモンの分泌量が低下すると、男性も更年期障害になることがあります。

これをLOH症候群といって、近年メディアにも取り上げられるようになり、その認知が広がっています。

また加齢の他にも、重度のストレスを受けることで、男性ホルモンが減少することがあります。

特に男性は30代後半あたりから、会社での地位が上がったり子供が大きくなって進学したりすることで、多くのストレスにさらされるようになります。

その影響で男性ホルモンの分泌が減少してしまう可能性があるのです。

LOH症候群の主な症状は以下のようなものが挙げられます。

・筋肉量の低下

・脂肪の増加

・不安

・イライラ

・性欲低下

・勃起不全

テストステロンが減少すると、身体の筋肉量が減少し、それに伴って代謝が悪くなります。

すると中性脂肪が溜まりやすくなり、お腹周りが出たメタボ体型になってしまいます。

またテストステロンは脳にも影響を与えるため、小さなことでイライラしたり不安に思ったりするようになり、うつ病のような症状をもたらすこともあります。

さらには性欲も低下し勃起不全となり、パートナーを満足させられなくなることでさらに自信を失うというような悪循環に陥ってしまうこともあるのです。

とはいえ何も意識しなければ自分のテストステロンが正常化かどうかはなかなか気づくことができません。

そこでおすすめなのは、朝勃ちがあるかどうかを一つの健康のサインすることです。

上記のような自覚症状があり、さらには最近朝勃ちもしていないということであれば、一度LOH症候群を疑ったほうが良いかもしれません。

テストステロンを増やして、若い頃のような元気を取り戻したい方!

オーシャンメンズクリニックで、男性ホルモン注射を試してみませんか?

テストステロンを増やすことで、筋肉がついて脂肪が落ち、やる気に満ち溢れた若々しい自分を取り戻すことが可能です!

無料相談も承っておりますので、気になる方はぜひお気軽にご来院ください。

>>男性ホルモン注射の無料相談はこちら

また今ならLINE登録で、すべての治療・施術が10%OFFになります!

>>LINE登録用のURLはこちら

男性ホルモン(テストステロン)分泌の仕組み

続いてマニアックな内容ではありますが、男性ホルモンがどのように分泌されるのかを簡単にご説明していきます。

テストステロンの分泌は以下のような流れです。

・まずはじめに脳内の視床下部からGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)が分泌されます

・するとそれを受けて下垂体からLH(性腺刺激ホルモン)が分泌されます

・そこではじめて精巣に作用し、テストステロンが分泌されます。

一方、副腎から分泌されるテストステロン以外の男性ホルモンは以下のような流れになります。

・まず視床下部からCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)が分泌されます

・続いてそれを受けた下垂体からACTH(副腎皮質刺激ホルモン)が分泌されます

・これが副腎に働きかけてテストステロン以外の男性ホルモンが分泌されます

要約すると

・GnRH→LH→精巣→テストステロン、

・CRH→ACRH→副腎→デヒドロエピアンドロステロン、アンドロステンジオン

という順番で分泌され、血液中に流れていきます。

男性ホルモンと前立腺がん

前立腺とは男性固有の臓器で、膀胱の下にあり、尿道を取り込むように存在しています。

その働きはまだわかっていないことも多いのですが、男性ホルモンと密接に関係しながら生理作用をおこなっています。

そのため、ネット上では男性ホルモンが多いと前立腺がんになりやすいといわれることがあります。

実は前立腺がんは20年ほど前まで高齢者に限られた病気であまりかかる人のいないがんでした。

ところが近年前立腺がんに罹患する患者数は急速に増加しており、1995年と2020年を比較すると、患者数が約6倍に増加すると予想されています。(参照元:前立腺がんの予防

こういったことから前立腺がんは男性ホルモンが多いとかかる病気というよりも、むしろ欧米的な高カロリー、高コレステロールの食事や、運動不足によって引き起こされると考えられています。

ただし前立腺がんの患者にとって男性ホルモンの摂取は禁忌ですので、尿が出にくい、排尿時に痛みが伴う、尿や精液に血が混じるなどの自覚症状がありましたら、必ず泌尿器科を受診するようにしてください。

また前立腺がんの予防としては、どのような生活習慣病に対してもいえることですが、バランスの良い食事と適度な運動を心がけるようにしましょう。

またこのような男性ホルモンの副作用については、誤った認識の方も非常に多いです。

男性ホルモンを増やす習慣

男性ホルモン、とくにテストステロンについてよく知るようになると、増やすためにはどうすれば良いのか気になる方もいるでしょう。

ここでは男性ホルモンを増やす習慣について解説します。

筋力トレーニング

筋力トレーニングをおこなうことによって、体内のテストステロン分泌量が増えることがわかっています。

また単に筋トレをおこなうのではなく、より多くテストステロンを分泌させるコツとしてはハムストリングスや広背筋などの大きな筋肉を鍛えることが効果的です。

質の高い睡眠

男性ホルモンの正常な分泌を促すためには十分な睡眠時間の確保が必要です。

具体的には最低でも6時間、できれば8時間の睡眠は確保し、寝る前の食事や飲酒は避けましょう。

バランスの良い食事

食事はタンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素をバランス良く摂ることが非常に重要です。

またテストステロンの分泌を促す栄養素としては、亜鉛やマグネシウムなどのミネラルも挙げられます。

できるだけ食事からの摂取を心掛けながら、むずかしい場合にはサプリメントと併用すると良いでしょう。

自分が認められ、主張できる場所をもつこと

テストステロンの分泌には社会性も非常に強く関係しており、テストステロンの分泌が多い人はリーダー的な存在になりやすいという特徴もあります。

気の許せる家族や恋人、友人との交流を大切にすることもテストステロンを維持する上では重要な役割を果たします。

男性ホルモンを増やす方法については、以下の記事でも詳しく解説しております。

男性ホルモンを減らす習慣

次は反対に男性ホルモンの分泌を減らしてしまう習慣をご紹介します。

できる限り以下のような習慣は避けるようにしましょう。

過度なアルコール摂取

アルコールも適度な摂取量であれば問題ありませんが、長期間大量のアルコール摂取を続けていると、男性ホルモンを産生する精巣が障害を受けます。

また飲酒習慣のある方は肥満になりやすい傾向にありますが、肥満体型の方はテストステロンの分泌量も減少します。

睡眠時間が短い、睡眠の質が悪い

男性ホルモンは睡眠中に最も多く体内で分泌されます。

そのため睡眠時間が短い人は長い人よりも男性ホルモンが少ない傾向にあります。

上記でも述べたように、一日最低でも6時間、できれば8時間は睡眠時間を確保しましょう。

食生活が乱れている

こちらも一部繰り返しになりますが、男性ホルモンは脂質もとに合成され、そのときにはタンパク質を分解したアミノ酸が用いられます。

そのため食生活においては炭水化物だけに偏らず、タンパク質と脂質もバランス良く摂取することが重要です。

テストステロンを増やすなら、男性ホルモン注射がおすすめ

生活習慣に気をつけることも重要ですが、すぐ、確実にテストステロンを増やすためにはやはり男性ホルモン注射がおすすめです。

医療機関によって使用する薬品は異なりますが、当クリニックでは厚生労働省承認薬であるエナルモンデポーを使用いたしております。

男性ホルモン注射は即効性も高く、もちろん人によってある程度の差はありますが、30分ほどで効果を実感いただけます。

無料相談も承っておりますので、気になる方はぜひお気軽にご来院ください。

>>男性ホルモン注射の無料相談はこちら

また今ならLINE登録で、すべての治療・施術が10%OFFになります!

>>LINE登録用のURLはこちら

なお男性ホルモン注射をはじめとした男性ホルモン補充療法は、国内における知名度は低く2万人程度しか治療を受けていません。

しかし、アメリカでは非常にポピュラーな治療法で2014年時点ですでに170万人の方が治療を受けています。

そのため海外では注射以外にも軟膏やサプリメントなど、他にも様々な薬品があります。

しかし国内においては、摂取量が安定しないこととコンプライアンスの関係で、ほとんどの医療機関では注射による治療が採用されています。

テストステロン注射の詳細はこちらの記事でご覧いただけます。

動画でも詳しく解説しています

【35歳~必見】医師が教える!男性ホルモンの基礎知識

まとめ

男性ホルモンがどのようなものであるのか、心身の健康を維持するためにどれだけ大切なものであるか、ご理解いただけたでしょうか。

食事、睡眠、運動を改善することによって男性ホルモンの分泌を促すことはできますが、それでもやはり働き盛りの年代にはストレスがつきものです。

スマートにやる気をもってプライベートと仕事を充実させるためにも、テストステロン補充療法は全ての男性にとって強い味方になってくれるといえるでしょう。

オーシャンメンズクリニックでは、専任の医師がパーソナルトレーナーと連携し、より効果的な男性力改善のお手伝いをします。

無料相談も承っておりますので、気になる方はぜひお気軽にご来院ください。

>>男性ホルモン注射の無料相談はこちら

また今ならLINE登録で、すべての治療・施術が10%OFFになります!

>>LINE登録用のURLはこちら

YGメディカルクリニック 新橋院
名前

YGメディカルクリニックは男を磨く専門クリニックです

当クリニックは男性のための専門クリニックです。
AGAをはじめ、男性ホルモンの低下に伴う不調や勃起障害(ED)といった、男性の身体のお悩みに真摯に向き合い、サポートを行っていきます。
実はデリケートな男性のお悩みについて、プライバシーを確保しながら、しっかり診させていただきます。ご相談がございましたら、ぜひ一度ご来院ください。

Profile

経歴

経歴

Access

YGメディカルクリニック 新橋院
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-11 一松ビル 5階

フリーダイヤル:0120-987-051
FAX:03-6550-9996
営業時間:11時〜20時まで受付最終19時

  1. 新橋駅SL広場を出て正面の通り(ヤマダ電機を右側に見て)を右折します。
    ※銀座線をご利用の方は7番出口を出て直進ください。「03」番へ。
  2. すぐ目の前の交差点(新橋駅日比谷口前)を左折します。
  3. 一つ目の交差点(新橋二丁目)を右折します。
  4. 左側、二つ目のビル(1階が理髪店)の5階です

初診のご予約・ご相談は以下よりお願いします